• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

感覚算数ドリル 比 入門編1 比の基礎【 WISARDNET_004008v02_感覚算数_比_入門編1_比の基礎.pdf 】

感覚算数ドリル 比 入門編1 比の基礎
¥ 1,000
中学入試を目指す生徒向けに特化した教材です。
問題数は50問。数字変えの練習問題を含めて56ページのドリルです。
中学入試最重要単元の1つ、「比」の導入教材です。
(感覚算数ドリル 比 入門編は6つのパートに分かれており、その№1です)
内容は、比の基本的な扱い(比の性質・連比・逆比・比同士のかけ算わり算・比例配分)です。
特に何かをマルイチとおき、それをもとに考えを進めていく力を伸ばせる内容です。

このドリルのテーマは「比を使いこなし、武器とすること」です。
日本人は何かを考える時に日本語で考えますが、たし算やかけ算と同様に、比はそういった共通言語に近いものです。
つまり、「比を用いて考える」ためには、比の扱いに慣れ、ストレスなく当たり前のものとして扱える必要があります。
比は難しいものではなく、むしろその反対、難しい状況を簡単に整理するためのものなのです。
自在に扱えるようになれば、この上なく心強い味方になってくれます。

このドリルは比の扱いのルールから始め、解き進めるうちに自然と比を常識として扱えるように配慮して作成されています。
少しずつ難しくなっていきますが、内容に流れがあって連続しており、親切な手書き解説と組み合わせることで着実に理解を深められます。
このドリルをマスターした後に仕事算・倍数算・相当算と呼ばれるような比の文章題に進むと、一見複雑に見える問題が実は非常にシンプルであることが実感できます。

生徒1人で解き進めることができますし、保護者の方と共に学習を進めても構いません。
保護者の方に解いていただくと、小学生の頭の使い方がよく理解できるはずです。

5年生以上で、割合を一通り扱った後にこのドリルに取り組むと、さらに効果を増します。
56枚のプリントを2周することで、必要な知識を整理し、感覚的に解ける範囲を拡げることができます。

WISARDNETは算数を学ぶにあたり、解法の暗記を避け、「感覚的に」解けるようになることを目指した教材を作成しています。
比は割合と同様、解法暗記でなく常識として習得すべき単元の代表といえます。
1通り扱うことで、確実のそのレベルまで到達できる強力なプリント教材です。

冒頭にプリントの使い方のガイドがついています。
また、直感的に解けることを目指した、全問の手書き解答・解説が全問ついています。

※WISARDNETの教材全体において、重要な内容は別プリントと共通して繰り返し登場する場合がありますが、数字・問題設定は変えてあり、別の教材と内容が完全に重複していることはありません。
中学入試を目指す生徒向けに特化した教材です。
問題数は50問。数字変えの練習問題を含めて56ページのドリルです。
中学入試最重要単元の1つ、「比」の導入教材です。
(感覚算数ドリル 比 入門編は6つのパートに分かれており、その№1です)
内容は、比の基本的な扱い(比の性質・連比・逆比・比同士のかけ算わり算・比例配分)です。
特に何かをマルイチとおき、それをもとに考えを進めていく力を伸ばせる内容です。

このドリルのテーマは「比を使いこなし、武器とすること」です。
日本人は何かを考える時に日本語で考えますが、たし算やかけ算と同様に、比はそういった共通言語に近いものです。
つまり、「比を用いて考える」ためには、比の扱いに慣れ、ストレスなく当たり前のものとして扱える必要があります。
比は難しいものではなく、むしろその反対、難しい状況を簡単に整理するためのものなのです。
自在に扱えるようになれば、この上なく心強い味方になってくれます。

このドリルは比の扱いのルールから始め、解き進めるうちに自然と比を常識として扱えるように配慮して作成されています。
少しずつ難しくなっていきますが、内容に流れがあって連続しており、親切な手書き解説と組み合わせることで着実に理解を深められます。
このドリルをマスターした後に仕事算・倍数算・相当算と呼ばれるような比の文章題に進むと、一見複雑に見える問題が実は非常にシンプルであることが実感できます。

生徒1人で解き進めることができますし、保護者の方と共に学習を進めても構いません。
保護者の方に解いていただくと、小学生の頭の使い方がよく理解できるはずです。

5年生以上で、割合を一通り扱った後にこのドリルに取り組むと、さらに効果を増します。
56枚のプリントを2周することで、必要な知識を整理し、感覚的に解ける範囲を拡げることができます。

WISARDNETは算数を学ぶにあたり、解法の暗記を避け、「感覚的に」解けるようになることを目指した教材を作成しています。
比は割合と同様、解法暗記でなく常識として習得すべき単元の代表といえます。
1通り扱うことで、確実のそのレベルまで到達できる強力なプリント教材です。

冒頭にプリントの使い方のガイドがついています。
また、直感的に解けることを目指した、全問の手書き解答・解説が全問ついています。

※WISARDNETの教材全体において、重要な内容は別プリントと共通して繰り返し登場する場合がありますが、数字・問題設定は変えてあり、別の教材と内容が完全に重複していることはありません。
■購入時の補足
※住所・電話番号について:
ダミー入力で結構です。
システムの都合上、購入時に住所・電話番号の記入が求められますが、ダウンロード販売の為、適当な文字の記入で結構です。
※ダウンロードURLについて:
購入後に入力されたメールアドレスに、ダウンロードURLが送られます。
URLは72時間有効、ダウンロードは3回までとなります。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(13397702 バイト)

ショップの評価

中学入試を目指す生徒向けに特化した教材です。
問題数は50問。数字変えの練習問題を含めて56ページのドリルです。
中学入試最重要単元の1つ、「比」の導入教材です。
(感覚算数ドリル 比 入門編は6つのパートに分かれており、その№1です)
内容は、比の基本的な扱い(比の性質・連比・逆比・比同士のかけ算わり算・比例配分)です。
特に何かをマルイチとおき、それをもとに考えを進めていく力を伸ばせる内容です。

このドリルのテーマは「比を使いこなし、武器とすること」です。
日本人は何かを考える時に日本語で考えますが、たし算やかけ算と同様に、比はそういった共通言語に近いものです。
つまり、「比を用いて考える」ためには、比の扱いに慣れ、ストレスなく当たり前のものとして扱える必要があります。
比は難しいものではなく、むしろその反対、難しい状況を簡単に整理するためのものなのです。
自在に扱えるようになれば、この上なく心強い味方になってくれます。

このドリルは比の扱いのルールから始め、解き進めるうちに自然と比を常識として扱えるように配慮して作成されています。
少しずつ難しくなっていきますが、内容に流れがあって連続しており、親切な手書き解説と組み合わせることで着実に理解を深められます。
このドリルをマスターした後に仕事算・倍数算・相当算と呼ばれるような比の文章題に進むと、一見複雑に見える問題が実は非常にシンプルであることが実感できます。

生徒1人で解き進めることができますし、保護者の方と共に学習を進めても構いません。
保護者の方に解いていただくと、小学生の頭の使い方がよく理解できるはずです。

5年生以上で、割合を一通り扱った後にこのドリルに取り組むと、さらに効果を増します。
56枚のプリントを2周することで、必要な知識を整理し、感覚的に解ける範囲を拡げることができます。

WISARDNETは算数を学ぶにあたり、解法の暗記を避け、「感覚的に」解けるようになることを目指した教材を作成しています。
比は割合と同様、解法暗記でなく常識として習得すべき単元の代表といえます。
1通り扱うことで、確実のそのレベルまで到達できる強力なプリント教材です。

冒頭にプリントの使い方のガイドがついています。
また、直感的に解けることを目指した、全問の手書き解答・解説が全問ついています。

※WISARDNETの教材全体において、重要な内容は別プリントと共通して繰り返し登場する場合がありますが、数字・問題設定は変えてあり、別の教材と内容が完全に重複していることはありません。
通報する