• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

割合

感覚算数ドリル 割合 入門編3 損益
感覚算数ドリル 割合 入門編3 損益
中学入試を目指す生徒向けに特化した教材です。 問題数は30問。 中学入試最重要単元の1つ、「割合」の導入教材です。 (感覚算数ドリル 割合 入門編は5つのパートに分かれており、その№3です) 内容は、損益の計算の練習です。 要するに、「~円で仕入れ、~円で売ろうとしたが、売れなかったので~円で売った」という操作が、生徒にとって当たり前になるまで練習できる内容です。 割合の学習において最も重要なのは、分数との結びつきです。 損益の計算では20%引きは0.8倍、のように、小数の計算からスタートすることが多く、それを分数に結び付けて処理することで、小数・分数の理解を深めることができます。 また、損益計算は出題のパターンが非常に少ないため、頻出の一行問題まで網羅しています。 5年生で割合を本格的に学び始めた生徒向けで、30枚のプリントを2周することで、必要な知識を整理し、感覚的に解ける範囲を拡げることができます。 算数が苦手になってしまった6年生が、一気に取り組んで理解を深める場合にも効果があります。 「割合の概念」が重要である理由は、分数→割合→比が連続する内容となり、「割合の文章題」「平面図形と相似形」「速さと比」といった形で広い範囲に応用される基礎概念だからです。 だからこそ、暗記に頼らず当たり前のものとして使いこなせるようになることで、その後の学習がスムーズになります。 WISARDNETは算数を学ぶにあたり、解法の暗記を避け、「感覚的に」解けるようになることを目指した教材を作成しています。 割合はまさに、解法暗記でなく常識として習得すべき単元の代表といえます。 1通り扱うことで、確実のそのレベルまで到達できる強力なプリント教材です。 このプリントを2回繰り返せば、算数の実力は確実にアップし、その後の学習にいい影響を与えます。 冒頭にプリントの使い方のガイドがついています。 また、直感的に解けることを目指した、全問の手書き解答・解説が全問ついています。 ※WISARDNETの教材全体において、重要な内容は別プリントと共通して繰り返し登場する場合がありますが、数字・問題設定は変えてあり、別の教材と内容が完全に重複していることはありません。
¥ 500
感覚算数ドリル 割合 入門編2 マルイチ相当算
感覚算数ドリル 割合 入門編2 マルイチ相当算
中学入試を目指す生徒向けに特化した教材です。 問題数は30問。 中学入試最重要単元の1つ、「割合」の導入教材です。 (感覚算数ドリル 割合 入門編は5つのパートに分かれており、その№2です) 内容は、全体を①とおいて考えるパターン(「相当算」と呼ばれます)の練習です。 割合の学習において最も重要なのは、分数との結びつきです。 割合の学習をする中で分数の理解を深め、正比例の概念を完全に理解することを狙っています。 同時に、問題が複雑になった場合に、線分図を使って考えを整理する技術も同時に身につけられる構成になっています。 5年生で割合を本格的に学び始めた生徒向けで、30枚のプリントを2周することで、必要な知識を整理し、感覚的に解ける範囲を拡げることができます。 算数が苦手になってしまった6年生が、一気に取り組んで理解を深める場合にも効果があります。 「割合の概念」が重要である理由は、分数→割合→比が連続する内容となり、「割合の文章題」「平面図形と相似形」「速さと比」といった形で広い範囲に応用される基礎概念だからです。 だからこそ、暗記に頼らず当たり前のものとして使いこなせるようになることで、その後の学習がスムーズになります。 WISARDNETは算数を学ぶにあたり、解法の暗記を避け、「感覚的に」解けるようになることを目指した教材を作成しています。 割合はまさに、解法暗記でなく常識として習得すべき単元の代表といえます。 1通り扱うことで、確実のそのレベルまで到達できる強力なプリント教材です。 このプリントを2回繰り返せば、算数の実力は確実にアップし、その後の学習にいい影響を与えます。 冒頭にプリントの使い方のガイドがついています。 また、直感的に解けることを目指した、全問の手書き解答・解説が全問ついています。 ※WISARDNETの教材全体において、重要な内容は別プリントと共通して繰り返し登場する場合がありますが、数字・問題設定は変えてあり、別の教材と内容が完全に重複していることはありません。
¥ 500
感覚算数ドリル 割合 入門編1 割合の基礎
感覚算数ドリル 割合 入門編1 割合の基礎
中学入試を目指す生徒向けに特化した教材です。 問題数は30問。 中学入試最重要単元の1つ、「割合」の導入教材です。 (感覚算数ドリル 割合 入門編は5つのパートに分かれており、その№1です) 内容は、分数の概念の確認・百分率と歩合の確認・割合の活用の徹底練習です。 割合を活用する場面では、初習者用に線分図を多用し、イメージをつかみやすいように配慮してあります。 割合の学習において最も重要なのは、分数との結びつきです。 割合の学習を経ることで分数の理解を深めることが大切で、その点にこだわって作成しています。 最終的には、線分図を自分で書く/書かなくても全体を1として考えられるレベルを目指しています。 5年生で割合を本格的に学び始めた生徒向けで、30枚のプリントを2周することで、必要な知識を整理し、感覚的に解ける範囲を拡げることができます。 算数が苦手になってしまった6年生が、一気に取り組んで理解を深める場合にも効果があります。 「割合の概念」が重要である理由は、分数→割合→比が連続する内容となり、「割合の文章題」「平面図形と相似形」「速さと比」といった形で広い範囲に応用される基礎概念だからです。 だからこそ、暗記に頼らず当たり前のものとして使いこなせるようになることで、その後の学習がスムーズになります。 WISARDNETは算数を学ぶにあたり、解法の暗記を避け、「感覚的に」解けるようになることを目指した教材を作成しています。 割合はまさに、解法暗記でなく常識として習得すべき単元の代表といえます。 1通り扱うことで、確実のそのレベルまで到達できる強力なプリント教材です。 このプリントを2回繰り返せば、算数の実力は確実にアップし、その後の学習にいい影響を与えます。 冒頭にプリントの使い方のガイドがついています。 また、直感的に解けることを目指した、全問の手書き解答・解説が全問ついています。 ※WISARDNETの教材全体において、重要な内容は別プリントと共通して繰り返し登場する場合がありますが、数字・問題設定は変えてあり、別の教材と内容が完全に重複していることはありません。
¥ 500