• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

最大公約数【中学受験生のための瞬間反射プリント2 】【 WISARDNET_007002v01_瞬間反射_最大公約数.pdf 】

最大公約数【中学受験生のための瞬間反射プリント2 】
¥ 300
「最大公約数」という考え方を習ったことのある生徒が対象です。

2つの数から、最大公約数が素早く頭に浮かぶように訓練するためのプリントです。
種類は25種類で、全問正解すればクリア。
間違えてしまった場合は、そのプリントにはもう一度チャレンジする形式です。
チェックシートをうめることができたら、もう2度と繰り返す必要はありません。

算数はじっくり考える科目ではありますが、一方である程度の計算力も欠かせません。
計算力がない生徒には、解答へ至るまでの道のりがより複雑に感じられています。
逆に計算力がある生徒は単純な演算をスピーディにこなせるため、問題を進める上での論理の展開に集中することができます。

最大公約数を求める操作は、個人差が非常に大きい内容で、「パッと見てすぐわかる生徒」「そうでない生徒」に二分されます。
しかし、それは経験値を積むことで改善することができます。
それによって高学年になってからの学習にスムーズに入っていくことが目標となります。

プリントの種類は25種類で、それなりに多くのパターンに触れられるようになっています。
最小公倍数と異なり、スピードを上げる必要性よりは、確実性の方が大切です。
そのためタイムは測らず、直観的に答えられること=全問正解することに重きをおいて扱ってください。

プリントは25枚構成で、内容としては非常に易しいです。
全問正解できるまで繰り返すことで、効果があります。
簡単なチュートリアルとチェックシートがついています。
解答は最後に掲載しています。
「最大公約数」という考え方を習ったことのある生徒が対象です。

2つの数から、最大公約数が素早く頭に浮かぶように訓練するためのプリントです。
種類は25種類で、全問正解すればクリア。
間違えてしまった場合は、そのプリントにはもう一度チャレンジする形式です。
チェックシートをうめることができたら、もう2度と繰り返す必要はありません。

算数はじっくり考える科目ではありますが、一方である程度の計算力も欠かせません。
計算力がない生徒には、解答へ至るまでの道のりがより複雑に感じられています。
逆に計算力がある生徒は単純な演算をスピーディにこなせるため、問題を進める上での論理の展開に集中することができます。

最大公約数を求める操作は、個人差が非常に大きい内容で、「パッと見てすぐわかる生徒」「そうでない生徒」に二分されます。
しかし、それは経験値を積むことで改善することができます。
それによって高学年になってからの学習にスムーズに入っていくことが目標となります。

プリントの種類は25種類で、それなりに多くのパターンに触れられるようになっています。
最小公倍数と異なり、スピードを上げる必要性よりは、確実性の方が大切です。
そのためタイムは測らず、直観的に答えられること=全問正解することに重きをおいて扱ってください。

プリントは25枚構成で、内容としては非常に易しいです。
全問正解できるまで繰り返すことで、効果があります。
簡単なチュートリアルとチェックシートがついています。
解答は最後に掲載しています。
■購入時の補足
※住所・電話番号について:
ダミー入力で結構です。
システムの都合上、購入時に住所・電話番号の記入が求められますが、ダウンロード販売の為、適当な文字の記入で結構です。
※ダウンロードURLについて:
購入後に入力されたメールアドレスに、ダウンロードURLが送られます。
URLは72時間有効、ダウンロードは3回までとなります。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(748324 バイト)

ショップの評価

  • 感覚算数ドリル 数の性質 入門編 後半戦

    感覚算数ドリル 数の性質 入門編 後半戦

  • 感覚算数ドリル 数の性質 入門編 前半戦

    感覚算数ドリル 数の性質 入門編 前半戦

    小5の娘が取り組んでいます。 プリント学習のため、空いた時間に苦手分野を気軽に取り組め活躍しています。 どの問題にも解説があるので、ちゃんと理解できるようになっているため、とても良いと思います。

「最大公約数」という考え方を習ったことのある生徒が対象です。

2つの数から、最大公約数が素早く頭に浮かぶように訓練するためのプリントです。
種類は25種類で、全問正解すればクリア。
間違えてしまった場合は、そのプリントにはもう一度チャレンジする形式です。
チェックシートをうめることができたら、もう2度と繰り返す必要はありません。

算数はじっくり考える科目ではありますが、一方である程度の計算力も欠かせません。
計算力がない生徒には、解答へ至るまでの道のりがより複雑に感じられています。
逆に計算力がある生徒は単純な演算をスピーディにこなせるため、問題を進める上での論理の展開に集中することができます。

最大公約数を求める操作は、個人差が非常に大きい内容で、「パッと見てすぐわかる生徒」「そうでない生徒」に二分されます。
しかし、それは経験値を積むことで改善することができます。
それによって高学年になってからの学習にスムーズに入っていくことが目標となります。

プリントの種類は25種類で、それなりに多くのパターンに触れられるようになっています。
最小公倍数と異なり、スピードを上げる必要性よりは、確実性の方が大切です。
そのためタイムは測らず、直観的に答えられること=全問正解することに重きをおいて扱ってください。

プリントは25枚構成で、内容としては非常に易しいです。
全問正解できるまで繰り返すことで、効果があります。
簡単なチュートリアルとチェックシートがついています。
解答は最後に掲載しています。
通報する